筋力トレーニングに炭水化物は必要

筋トレには炭水化物が必要で、トレーニングの時に体内でエネルギーとして使用されるためです。

運動強度が高くなると、体内で使われる炭水化物の比率が上がります。炭水化物と一緒に筋肉を増やす物質として欠かせないのが、たんぱく質です。

バランス良く摂取する事で、トレーニングの効果が期待出来ます。炭水化物を摂取する事で、体内のタンパク質の分解制御が期待出来ます。炭水化物が不足していると、体内のタンパク質が分解する事でエネルギーを作り出します。

タンパク質は筋肉を作るのに使われるので、筋肉が合成されにくくなります。筋トレでは必要な力を発揮するためには、エネルギー源が十分に満たされている事です。炭水化物は筋肉や肝臓でグリコーゲンになってエネルギーとして貯蔵され、必要に応じて消費されていきます。

脳と神経系は炭水化物だけをエネルギーとしていて、十分に摂取すると集中力を保てるので高強度の筋トレが行えます。摂取するタイミングが重要で、筋トレの3時間前に糖質を含んだ食事を摂取するとグリコーゲンの量を高める事が出来ます。

長時間でもスタミナが持続出来るので、強度が高い筋トレが行えます。筋トレ1時間後に筋肉中のエネルギー源が回復されるので、タンパク質と炭水化物を筋トレ直後に摂取すると効果的です。

金剛筋HMBサプリ

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。